日記 / 脚痩せでシェイプアップ


スポンサードリンク




脚痩せに大切なストレッチ


脚痩せに重要なのは、ストレッチです。

脚痩せを成功させるためには、インナーマッスルを鍛えるということが重要になります。

しかし、このインナーマッスルを鍛えるためには、激しい運動よりもストレッチのような緩やかな動きの方が効果的になります。

インナーマッスルは、内臓に直接つながっている筋肉が多いです。

内臓の動きを活発にすることで、基礎代謝が活発になります。

基礎代謝が高くなると、普通にしていても消費カロリーが高くなります。

そのため、痩せやすい身体を作ることができ、脚痩せも成功しやすくなるのです。

脚痩せのために重要なインナーマッスルは、やはり腸腰筋です。

腸腰筋は、背骨から大腿骨につながる大きな筋肉です。

大腿骨につながっているということは、当然脚に影響を与える筋肉ということです。

この腸腰筋を効果的に鍛えることで、さらに脚痩せも効果的にすることが可能です。

それでは腸腰筋のストレッチの方法です。

仰向けに寝て、片足の膝を曲げて、両手で抱えます。

そのままできるだけ胸に着けるようにストレッチをします。

その状態で1分ほどとまります。

反対も同じように行います。

ポイントは身体の内側から伸ばすようなイメージを持つこと。

このストレッチで、腸腰筋がストレッチできますので、試してみてください。
| 日記

あしやせに効果的なむくみをとる方法


あしやせをしたいという場合、考えるのはウォーキングなどの運動でしょうか?

もちろん運動をしなければ、あしやせは難しいものです。

あしやせには合わせて大切なことがあります。

それは「むくみ」という問題です。

あしやせがなかなかできないという場合、原因が脂肪ではなくむくみであることが少なくありません。

あしやせを実践しているが、なかなかできないという場合は、むくみをとるということを同時に行ってみましょう。

あしやせのためにむくみをとるためには、まずは水分の取り方を考えてみましょう。

人は水分を一日に2〜3リットルとる必要があります。

健康のためには、水分を多く取るということがよく強調されます。

それは正しいことで、実践すべきことです。

あしやせのためにも水分の補給はとても大切。

水分が少ないと老廃物が身体の中に残ってしまって、あしやせもスムーズにできません。

あしやせのためには水分を取るようにしましょう。

しかし、むくみをとりたい場合は、水分を多くとると、逆にむくみがひどくなるのでは、と考える人がいます。

水分の取り方を間違えれば、むくみがひどくなりますが、水分の取り方を考えれば、むくまずにとることができます。

それは水分は午前中に多く補給するようにすることです。

午後は暖かいスープのようなもので補給するようにするのです。

夜にアルコールを飲みすぎると、むくみがひどいことがあります。

午後に多く水分を補給すると朝にむくみがひどくなる。

それを防止するのは午前中に水分をとるようにすることです。

あしやせのためには水分を午前中にできるだけ補給すること。

もちろん午後にまったく水分を補給しないというのは、健康によくないので補給はしますが、それは暖かいものを心がけましょう。

そうすることで、水分をすばやく身体に吸収させることができ、むくみを防ぐことができます。

あしやせのための水分補給の方法、試してみてください。
| 日記

脚やせで簡単にふくらはぎを細くする方法


脚やせで悩みの多い場所は、やはり太もも、ふくらはぎではないでしょうか?

脚やせしたいときに、希望の場所という質問には、この二つが出てきます。

今回は脚やせでも、特にふくらはぎのシェイプアップを考えましょう。

脚やせでふくらはぎというと、なかなかやせないという気持ちが強いのではないでしょうか?

なぜふくらはぎがやせにくいのか?

やはり、普段の生活の中では、ふくらはぎを使う機会が少ないからです。

しかし、女性の場合は、ハイヒールなどのかかとの高い靴をはいているので、ふくらはぎを使っているのではないかと思うかもしれません。

ハイヒールはかかとを高い位置で固定しているので、実はそれほどふくらはぎが使われていない場合が多いのです。

脚やせでふくらはぎを細くしたい場合は、ふくらはぎを普段の生活で使うようにしなければなりません。

脚やせでふくらはぎを細くする簡単な方法を考えて見ましょう。

それは普段の歩き方の意識を変えてみることです。

普通の歩き方では、それほどふくらはぎが使われません。

それはつま先の蹴る力がほとんど使われないからです。

そこで脚やせの、特にふくらはぎを細くする方法として、歩くときに地面をつま先で蹴るような感覚を意識しながら歩くことが重要です。

そうすることで、ふくらはぎが使われていることが実感できるはずです。

逆に言うと普段の歩き方では、ふくらはぎがほとんど使われていないということです。

普段の歩き方を意識するだけで、脚やせの効果は現れます。

しっかりと意識して普段の歩き方を考えましょう。
| 日記

脚やせに効果的で簡単な方法


脚やせをしたいが、ハードなダイエットはしたくないのではないでしょうか?

ずいぶん都合のよい話と思っても、そんな気持ちは誰でも持っています。

脚やせをできる限り簡単にできないか、そんな方法を考えて見ましょう。

脚やせが難しいのは、部分やせということがひとつの原因でしょう。

そこで脚やせを、服のデザインなどに求めてみてはいかがでしょうか?

しかし、脚を隠すために、パンツを選ぶというのは安易すぎるのではないでしょうか?

脚にコンプレックスがある場合、その脚を隠してしまうという発想になりがちです。

しかし、それが逆に目立つことがあるのです。

安易に隠そうとしないで、人の目線を脚に集中させない方法を考えるのです。

服のデザインで、人の目線はコントロールできます。

難しいことではありません。

脚やせの効果のあるデザインとして考えられるのは、スカートの裾の形です。

スカートの裾をアンシンメトリーの形にしてみるのです。

そうすることで、スカートに目線が集まりますが、脚には不思議に目線が集まりません。

そして、縦のラインがすっきりとしたデザインの衣類を選びます。

脚やせの効果を衣類に求めるというのはこういうことではないでしょうか?

こういった効果を衣類に求めながら、脚やせを進めていきましょう。
| 日記

脚痩せにゴボウ


脚痩せには便秘は大敵です。

デトックスの大半は排便によってなされます。

有害物質が体内に蓄積するのは脂肪と結び付くからであり、それが脂肪を燃焼させづらくするのです。

脚痩せをしたい人は、脚の脂肪を燃焼させなければなりませんが、有害物質がそれを邪魔します。

脚痩せをしたい人はデトックス、特にお通じにかんして注意しなければなりません。

食物繊維を多く含んだ食物を採ることを心がけましょう。

ゴボウはその点ですぐれものです。

ゴボウは調理できる人は調理して食べるのが一番です。

できない人はコンビニなどでゴボウサラダなどで食べるようにしましょう。

こういった地道な努力が脚痩せを成功に導きますよ。
| 日記

ホットヨガで脚痩せ


脚痩せのためには、運動がどうしても必要になります。

しかし、激しい運動を行っても、数日でやめてしまっては、逆効果です。

できるだけ長い期間続けることができる運動をする必要があります。

いま注目されているのが、ホットヨガです。

ホットヨガという言葉を一度は聞かれたことがあると思います。

ホットヨガとは、ヨガに身体をあたためるという「ホット」の要素を組み合わせたもので本場、ニューヨークやロサンゼルスではセレブやハリウッド女優がこぞって注目している新しいヨガです。

ホットヨガは室温38℃、湿度65%の中で筋力トレーニングの要素を取り入れたいろいろなポーズをとります。

脚痩せのためには、身体をあたためて、脂肪を燃焼しやすい状態にする必要があります。

まさにこのホットヨガは脚痩せのためにうってつけということになります。

現代人は食生活や生活習慣の変化で、シャワーだけでお風呂を済ませたり、クーラーの効いた部屋で一日中過ごしたり体を冷やす生活スタイルが当たり前になってしまっています。

脚痩せにはよくない環境です。

また、ストレスが溜まると血管が縮み、血の巡りが悪くなり、手や足の先が慢性的に冷えてしまいます。

ストレスは現代社会では避けることが難しく、その対処も必要です。

むくみや肩こり、生理痛などの症状は女性であれば一度は経験したことがあるような症状も、冷えからきているとすれば・・・

医学的にも体を温める事が病気を防いで心と体の両面に大きな効果をもたらします。

調和とバランスをもたらすエクササイズとしての「ヨガ」を組み合わせたこの『ホットヨガ』は、まさに現代人にぴったりの健康法なのです。

これを脚痩せに利用しない手はありません。

楽しく身体を温め、脚痩せにも効果的なホットヨガをはじめてみてはいかがでしょうか?
| 日記

脚痩せには日記でデータを記録すること


脚痩せの方法はさまざまありますが、難しい方法というものはないと思います。

難しいのは継続することではないでしょうか?

継続できないことが脚痩せを成功から遠ざけているのです。

考えなければならないのは、どう継続するかということになります。

脚痩せのためには日記を継続して付けることをお薦めします。

日記も継続が必要じゃないかとおっしゃるかもしれません。

しかしデータで残すことは以外に楽しいものです。

実践してみると、楽しくて継続してしまう人が多いです。

日記の内容は脚痩せのために行ったことを数値で記録していきます。

トレーニングならばその回数、食事ならばその内容とカロリー。

脚のサイズ、そしてダイエットを平行して行っている人は体重を記録します。

そしてその日の感想や明日の目標を書きます。

最初は面倒かもしれませんが、データがたまれば楽しくなります。

まず1週間やってみてください。
| 日記

足裏マッサージで脚痩せ


脚痩せのためというわけではなくても、足裏のマッサージというものを経験されたことのある人は多いはずです。

足裏のマッサージはデトックスという意味でとても重要です。

そしてそのデトックスは当然ですが、脚痩せにとても重要な意味があります。

デトックスは体内の有毒物質を体外に排出することですが、解毒に回すエネルギーを脂肪燃焼に回すことができるため、脚痩せにもとても効果的なのです。

デトックスを効率よくスムーズに行い、きれいな美肌や健康な身体を取り戻すには、身体の働きに関与する様々なツボが集中している足裏を刺激してあげると効果的です。

足裏は 「第2の心臓」 「人体の地図」 とも言われるくらい重要で、身体の器官に関するほとんどのツボが集中している所なのです。

また足裏にはたくさん汗腺があるため、適度な刺激を与えると、発汗作用が高まるとともに、血液を全身に送り出す働きをしている心臓のサポートにもなりますので血行がよくなり、デトックスの効果が素早く身体に反映され、冷え性や肩こり、腰痛なども解消されていくようになります。

足裏をマッサージすることは、自分でもできます。

足裏をマッサージするときには、痛くなるまで押さえたりする必要はなく、気持ちいいと感じる程度でかまわないのです。

デトックスにはそれで充分な効果があるものです。

テレビでも見ながら、30分ほど気持ちよく感じる程度に押さえましょう。

そして忘れがちなのが足の指のマッサージです。

足の指もしっかりとマッサージをしましょう。

手指で軽く広げたり、縮めたりを繰り返します。

ここでもポイントは気持ちよくなるようにすること。

そして足の指の付け根もしっかりとマッサージします。

こうすると足の裏が暖かくなってくるはずです。

足裏が温かくなったということは、足裏の代謝がアップしています。

デトックス効果も高まっています。

この後足湯を行なうととても効果的にデトックスができます。

そして水分を補給して、アップした代謝で有毒物質を洗い流す効果を高めます。

足裏は非常に重要なデトックスポイントですので、意識してマッサージするように心がけてください。

脚痩せのためにも、美しい身体のためにも、足裏マッサージでデトックスをしましょう。
| 日記

前屈で脚痩せ


脚痩せのためには、自宅でのストレッチや生活の中での骨盤のゆがみなどを矯正することがとても大切なことです。

脚痩せのために、エステに通う人も、最初はストレッチや日常生活を改めることを指導されることがあります。

つまり脚痩せは自分で自分をコントロールすることがとても大切になります。

また、エステなどでのケアを希望する場合も、ストレッチや生活を改めることで、その効果の即効性、維持なども全く違います。

日常生活にストレッチやゆがまない生活ということを習慣にすることがとても大切です。

脚痩せのためには、やはり前屈で手のひらが地面にべったりとつくぐらいの柔軟性がほしいところです。

太ももの裏から、背中そしてふくらはぎ、太ももの前面など、脚の重要な筋肉の柔軟性が脚痩せには必要です。

人は普通に運動や生活をしていれば、この前屈で手のひらをつけるということは簡単にできるものです。

これで手のひらがつかない場合は、身体のゆがみが疑われます。

日常生活でも、運動をあまりしていない人は、この脚の筋肉から固くなってしまいます。

筋肉が固いということは、そこの血流がどうしても悪くなり、脂肪を燃焼させる効率が悪くなってしまいます。

日ごろから意識して運動をして、脚の筋肉の柔軟性を維持しなければなりません。

前屈というのも、無理なく日常生活に取り入れることができるはずです。

やり方は簡単です。

前屈をして、もう限界というところまで曲げたら、ほんの少しだけそこから頑張って曲げます。

その状態で1〜2分キープします。

そしてゆっくりと元に戻ります。

大切なのは、ほんの少しだけ頑張って曲げるところです。

もちろん筋肉を傷めるほどに曲げるのは絶対によくありません。

ほんの少し頑張ることが柔軟性を取り戻すことには大切なのです。

脚痩せのために、脚の筋肉の柔軟性を取り戻しましょう。
| 日記

脚痩せに乳酸菌?


脚痩せやダイエットには、やはり便秘というのはよくありません。

何かお通じのためにされていることはありますでしょうか?

朝一杯の水を飲んだり、牛乳を飲んだりという方法が有名ですね。

食物繊維も大切なので、野菜などを多く摂る。

腸には乳酸菌が良いので、ヨーグルトを毎日食べているという人もいらっしゃいます。

確かに腸のために乳酸菌を補うことはとても大切なことです。

そのために、ヨーグルトを食べるという人も多いのではないでしょうか?

ヨーグルトといえば発酵食品の代表とも言うべき存在です。

脚痩せやダイエットにはさぞかし効果を発揮しそうな気がします。

しかし、牛乳を分解する酵素を日本人はほとんど持っていません。

牛乳を飲んでお腹がゴロゴロするという人は、牛乳が分解できないからです。

詳しく話すと、牛乳の中の乳糖を分解することができないことが原因です。

対してヨーグルトはこの乳糖が発酵によって分解されてるために、牛乳はだめでもヨーグルトは大丈夫という人がいるのです。

しかし、他にも乳脂肪や乳タンパクというものも分解酵素が日本人は少ないです。

ヨーグルトを食べてもお通じが良くならないという人は、ヨーグルトが分解できていないことがあります。

もちろんヨーグルトでお通じが快調になったという人は問題ありません。

ヨーグルトでお通じがあまりよくならないという人は、ヨーグルト以外の発酵食品からよい乳酸菌を摂ることを考えましょう。

やはり、納豆、漬物、味噌などが代表的なものですね。

またキムチなども発酵食品です。

キムチ納豆というメニューは最高の組み合わせです。

脚痩せやダイエットのために、こういった発酵食品を上手に摂ることを考えましょう。

やはり、昔から食べられてるこういった発酵食品は日本人の身体にあっています。

お通じのほかにも、お肌の美容などにも効果があります。

ヨーグルトで効果があまりないという人は、こういった植物性の乳酸菌を見直してみてはいかがでしょうか。
| 日記

脚痩せにインナーマッスル


脚痩せそしてダイエット効果を高めるためには、寝ていても消費するカロリー(エネルギー)、つまり身体の基礎代謝を高めることがポイントです。

そのためには、日常生活の中での代謝を少しでもアップすることが大切なのです。

代謝を上げる方法というのはさまざまあります。

今回はポージングを考えて見ましょう。

姿勢を正しくキープすることはとても健康にとってとても大切です。

曲がった姿勢というのは、良くないということは聞かれたことがあると思います。

この正しい姿勢というのは、代謝などには何の意味もないように思いますが、身体の内側では、脚痩せやダイエットに大切なことが行なわれています。

それは、インナーマッスルが使われているということです。

インナーマッスルは、以前お話しましたが、生命維持のための消費、つまり基礎代謝のための筋肉です。

たとえば、肺を動かしたり、心臓を動かしたりする筋肉はインナーマッスルです。

このインナーマッスルは赤い筋肉でできています。

この筋肉は持久力がある筋肉です。

生命維持のための筋肉ですので、簡単に疲れてしまう筋肉では困るわけです。

脚痩せやダイエットでは、この赤い筋肉を鍛えることがポイントです。

姿勢をキープする筋肉はインナーマッスル、特に骨盤の中で背骨とつながっている筋肉を使います。

それは腸腰筋と呼ばれるもので、赤い筋肉が多い筋肉です。

姿勢を正している状態はこのインナーマッスルを鍛えていますので、脚痩せやダイエットにはうってつけの状態なのです。

中には、この姿勢をキープするだけで、身体が熱くなってくる人もいます。

それは基礎代謝がはじまっている証拠です。

脚痩せやダイエットは、普通の筋力トレーニングで筋肉をつけることももちろん大切です。

しかし、さらに重要なのは、基礎代謝を高めるために、インナーマッスルを効果的に鍛える必要があります。

常に美しい姿勢でいることは、脚痩せそしてダイエット効果に大きな影響を与えることを肝に銘じてください。
| 日記

ゆっくりした動作で脚痩せを


脚痩せには筋肉をつけることは大切です。

それは基礎代謝を高めるためであり、ダイエットにも当然必要です。

基礎代謝を高めるためには、この筋肉の知識が必要です。

筋肉には大きく分けて2つの種類があることをご存知ですか?

この筋肉に対する正しい知識が脚痩せを成功へと導くのです。

身体には白い筋繊維の白筋と赤い筋繊維の赤筋の2種類の筋肉があります。

白筋は身体の表面近くに多く、走ったり、飛んだり、重いものを持ち上げたり、力を使う運動で働く筋肉です。

皆さんがイメージする筋肉はこの筋肉ではないですか?

しかし、脚痩せのためには、赤い筋肉をトレーニングすることがとても大切です。

赤筋は身体の内部に多く、呼吸のために肺を動かしたり、姿勢を維持するため、骨を支えたり、血液循環を促すために伸び縮みするなど、生命維持のために働いています。

赤筋が基礎代謝の筋肉なのです。

しかも赤筋は毛細血管が多く、酸素が豊富に供給されるため、エネルギーを燃やす力が高く、赤筋を増やさないと基礎代謝はアップしにくいということもいえます。

脚痩せを成功させるために赤い筋肉を鍛えることを考えましょう。

赤い筋肉は遅筋と呼ばれ、白い筋肉は速筋と呼ばれます。

赤い筋肉は、重いものを一気に上げたりするよりもゆっくりとした動作で鍛えることができます。

したがって、脚痩せのトレーニングはゆっくりとした動作を行なうことが大切になります。

ダッシュするよりもウォーキングのほうが有効であり、ダンベルなどの重いものを持ち上げるよりも、ペットボトルをゆっくりと持ち上げるほうが効果的です。

脚痩せは、このように正しい知識が大切なのです。

ゆっくりとした動作を長い時間かけて行なうことで、基礎代謝が高まります。

脚痩せはゆっくりとした太極拳のようなものが有効です。

皆さんは脚痩せするためと考えて、激しい運動をしていませんか?

それは間違った運動かもしれません。
| 日記

脚痩せのためにバランスを


脚痩せをするためには骨盤のゆがみをとることが何よりも大切です。

に直接つながる骨盤のゆがみは脚痩せへの影響がとても大きいのです。

そして骨盤が正常な位置に戻るためには、背骨がまっすぐに骨盤の上に乗った状態で、頭蓋骨も自然に骨盤に乗る形にならなければなりません。

背骨がしっかりと自然なS字を描いたまっすぐな状態でなければなりません。

脚痩せのためにしっかりと身体をまっすぐにするには、骨格を支える筋肉も鍛える必要があります。

脚痩せのために必要な、主な筋肉は次のとおりです。

脊柱起立筋、腸腰筋、内転筋、足底筋、半膜様筋、半腱様筋、大腿二頭筋などなどです。

これらは、身体をまっすぐにするための筋肉です。

今回は脊柱起立筋を鍛えるトレーニングで、脚痩せしていきましょう。

脊柱起立筋は赤い筋肉、赤筋が多い筋肉です。

赤い筋肉は基礎代謝の筋肉といわれています。

赤い筋肉は呼吸や内臓を動かす筋肉に多いので基礎代謝に使われる筋肉なのです。

つまり脚痩せには最適のトレーニングですね。

どのようにやるのでしょうか?

手とひざを床につけ、四つん這いになります。

どちらか一方の腕を前に伸ばします。

腕と反対側の足を上げ、上げた腕を前方に突き出します。

5秒そのままの姿勢で静止します。左右10回程繰り返します。

この動作はテレビなどでご覧になったことがあるかと思います。

この動作でバランスが取れない人は、身体がゆがんでいる可能性があります。

ゆがみのチェックにもこの動作は役に立ちます。

脚痩せのためにも、この動作で長い時間キープできるように頑張ってみましょう。

比較的簡単な動作ですが、ゆがみの改善や脊柱起立筋のトレーニングに最適です。

脚痩せのためには、この脊柱起立筋を鍛える動作で、しっかりとトレーニングできます。

家族や友達とどちらが長くキープできるかという競争をするのも楽しいですね。

脚痩せのためには、とにかく楽しんで続けることです。
| 日記

脚痩せに痩せた人の食事のまね


脚痩せそしてダイエットとしての食事ということで、苦労されている人はいらっしゃいますでしょうか?

食事には、痩せやすい食事、痩せにくい食事というものが当然ながらあります。

痩せやすい食事というものは、身体の脂肪を燃焼させやすい食事であり、栄養のバランスがとれている食事ということです。

脂肪を燃焼させる栄養素がたっぷりととれる食事ということを考える必要があります。

脚痩せということで、たとえばこんにゃくばかりとか、しらたきばかりという食事をしていると、脂肪がなかなか燃焼しないということがあります。

たべていないのに、脚痩せの効果が全くない・・、ということになりかねません。

ダイエットということで考えたとしても同じことです。

脚痩せのために食事をしっかりと見直すことが大切です。

しかし、最初はなかなか難しいと思います。

何を食べればよいのか分からない・・・

そこで、痩せていてダイエットとは縁遠い人の食事をまねしてみることから始めてはいかがでしょうか?

たとえば芸能人などで、健康的に痩せている人の食事であるとか、身近な人の真似などです。

遺伝的に太りやすいということを言う人がいます。

しかし、その場合はたいてい家族で同じものをたべていることが原因であり、遺伝のみが原因ということではない場合が多いです。

そこで脚痩せとして、やせている人の食べている食事をまねして食べるということをやってみてはいかがでしょうか。

痩せている人というのは、気付かないうちに栄養のバランスが取れている食事をしていたりします。

そしてしっかりと食事をして、間食をあまりしない人が多いものです。

脚痩せをしている人で、食事をあまりしないで、間食が多くなっている人はいませんか?

スナック菓子などのお菓子は、カロリーも高いですが、ミネラルやビタミンなどが大きく不足しているものが多いのです。

脚痩せのためには、身体についた脂肪を燃焼させることが大切なのです。

脂肪を燃焼させる栄養素を取る食事を、痩せている人をまねすることで、学習していきましょう。

脚痩せダイエットと称して、食事を削るということは逆効果の場合がありますので注意してください。

食事はカロリー計算と同時に栄養のバランスが必要なのです。
| 日記

脚痩せに栄養不足は大敵


脚痩せのためには、痩せやすい身体を作ることが大切です。

そのためには基礎代謝を高めて、カロリーを消費しやすい身体を作る必要があります。

脚痩せは、この基礎代謝を高めることで効果を発揮します。

基礎代謝を高めることは、内臓脂肪を燃焼させやすくなるため、メタボリック対策としても効果が期待できます。

脂肪を燃やすためには、基礎代謝を高めるだけでよいのでしょうか?

脂肪を燃やすためには、ビタミンやミネラル、アミノ酸などたくさんの栄養素が必要になります。

実は脚痩せのためには、食べながら脂肪を燃焼させることが大切なのです。

重要なのはいかに脂肪を燃焼させる栄養素を多く含んだ食品を食べるかということであり、カロリーを減らすことではないのです。

脚痩せとして、脂肪を燃焼させることが大切で、そのためには栄養を考える必要があることは理解できたでしょうか?

そして同じく脚痩せとして必要なのが、冷えをなくすことです。

特に女性の方に多いと思いますが、冷えに悩む人がいます。

身体が冷えると、代謝の効率が落ちるために、脂肪がつきやすくなるのです。

身体を冷やす食べ物は、脚痩せとしては良くなく、ダイエットとしても良くないのです。

脂肪を燃やすためには、身体を温める食事を心がけることです。

たまに食事で、パンと清涼飲料水のみという献立の人がいますが、これはとても身体を冷やします。

脚痩せとして、またダイエットとしては、このような献立は避けることが望ましいのです。

食べた後にカッと熱くなるような食べ物が、脚痩せやダイエットには効果的です。

脚痩せとして、単純にたべる量を減らすのではなく、栄養の偏りのない食べ物を食べることが大切です。

脚痩せダイエットなどで努力しているが、なかなか結果が出ない人は、食事の内容を考える必要があるかもしれません。

脂肪の燃焼のための栄養素は足りていますか?

バランスよく栄養を取ることで、脚痩せを効果的に実現しましょう。
| 日記

脚痩せのために骨盤の下がりを治す


骨盤のゆがみと脚痩せは密接な関係あることは何度かお話しました。

しかし、身体のゆがみというものは、痛みなどがほとんどなく、自覚症状のようなものもほとんどないありません。

脚痩せのためにもゆがみを整えることが大切ですが、ゆがみが矯正されたかどうかという自覚がなかなかないために、あきらめてしまう人も多いです。

ここですこしゆがみが矯正された状態を考えてみましょう。

身体のゆがみが矯正されてくると、心なしか身体が軽くなってきます。

猫背だった人が背筋が伸びたりという効果が現れるものです。

O脚やX脚が矯正されてくるという効果が現れる人もいます。

ゆがみが矯正されることで、身体が余計な動きをしない分、体力がついたと感じる方もいます。

そしてダイエット効果が現れ始めることで、効果を実感する人がいちばん多いです。

人は義務化されたことを続けることは苦痛になりがちです。

このような成果を自分で感じながら脚痩せに取り組んでいくことが、続ける秘訣かもしれません。

今回は、骨盤の下がりを考えながら、脚痩せに取り組んで行きます。

整体などに通って、骨盤の下がりを元に戻すと身体が軽くなり、このことから骨盤の下がりに気付く方もいます。

もちろん脚痩せのためにも骨盤の下がりは矯正する必要があります。

どのような方が骨盤が下がっているのでしょうか?

まず猫背気味の人は、骨盤が下がっている可能性があります。

そして腰やわき腹、太ももに肉がつきやすい人も下がってる可能性があります。

そして骨盤が下がっている人は、同時に骨盤がゆがんでいることがほとんどです。

骨盤の下がりは脚痩せやダイエットのためには、絶対に矯正しておく必要があります。

ではどのようにするのが効果的でしょうか?

うつぶせに寝て、両方の手で頬杖を突きます。

両足を伸ばします。

その状態から片方の足をゆっくりとまげて、かかとをお尻に当たるように曲げます。

当たらない人は当てる必要はありません。

10〜20回ゆっくりと行ないましょう。

こうすることで骨盤の下がりが徐々に矯正されます。

脚痩せやダイエットのためには骨盤の下がりは大敵です。

骨盤のゆがみ、下がりを矯正して脚痩せダイエットなどを成功させましょう。
| 日記

脚痩せにひざ倒し運動


脚痩せのためのエクササイズ、今回はとても簡単でウエストのシェイプアップも期待できる運動を紹介します。

まず仰向けに寝てください。

そして脚をまげてひざを立てます。

そのひざをゆっくりと腰を軸にして左右に大きく振ります。

ひざが床に着くまで大きく振る必要はないです。

ゆっくりやるのがポイントです。

これを5〜10回行なうことで、腰の筋肉が伸びるのが分かると思います。

脚痩せのためには骨盤のゆがみをとることが大切ですが、この動作は脚痩せにはもってこいの動作です。

そして次に、ひざをゆっくりと左か右どちらかに倒して床につけます。

そして顔は倒した方向とは逆の方向を見ます。

決して無理はしないで、ゆっくりと動作を行ないます。

左右5回ほど行なうことで、腰や背中のストレッチ効果を感じることができると思います。

脚痩せのための身体のゆがみをとるという意味では、この2つの動作は大変効果的です。

脚痩せのみではなく、肩こりや背中のこりなども解消できるはずです。

そしてもちろんウエストをひねるのですから、ウエストのシェイプアップにも効果的です。

そして骨盤のゆがみがとれることで、O脚、X脚の矯正にも効果が期待できます。

このようなひねる動作は日常生活では、なかなかしない動作です。

このひねるという動作で、全身のゆがみをリセットするということが重要です。

脚痩せのためには、このように簡単な動作がとても効果的であるものです。

簡単であるがゆえに取り組みやすいものです。

ひねるという動作は、立っていてもできるものです。

あまり勢いよくやって、腰などを痛めることのないように、ゆっくりとひねるということは脚痩せには重要です。

仕事などで疲れたときには、普通にひねる動作をやっていると思います。

こういった動作を意識的に行なうことで、脚痩せに効果をもたらします。

日常生活にひねる動作を取り入れて、脚痩せとウエストのシェイプアップをゲットしましょう。
| 日記

脚痩せと栄養の関係


脚痩せのためにとストレッチなどを始めた人も、ダイエット効果があることで、ダイエットへの期待もあると思います。

ここでは、脚痩せとあわせてダイエット効果も詳しく見ていきたいと思っています。

脚痩せというのは部分痩せですが、身体全体が痩せやすくならなければ脚痩せの効果も期待できません。

ところで、よくダイエットをされる方の中には、少し勘違いをされている人がいらっしゃいます。

痩せるために、つまりダイエットのためには、食べるものを減らさなければならないのだと。

そのわりには、

「食べてないのにちっとも痩せない」

「お腹周りが全く縮まない」

などなどの、ダイエットをしながら、成果が出ない人がいらっしゃいます。

ダイエットを成功させるためには、痩せやすい身体を作る必要があります。

痩せやすい身体になるために、基礎代謝を高めて、カロリー消費できる身体になることが必要です。

カロリー消費というのは、身体についた脂肪を燃焼させることです。

であれば、食べるものを少なくして、脂肪を燃焼させればダイエットはできるはずだし、脚痩せもきっとうまくいくと考えるものです。

カロリー摂取を控えて、運動などをすれば効果的にやせるはずですが、そうならない・・・・

何に原因があるのでしょう・・・?

食べないことに何か原因があるのでしょうか・・・?

そう、実は食べないことに原因があるのです。

痩せない原因は「栄養失調」です。

脂肪を燃焼させるためにも、栄養素が必要なのです。

その栄養素が「ビタミン、ミネラル、タンパク質」などです。

これらの栄養素は普通の食事をしていても、不足しがちなものです。

メタボリック対策をしている人やダイエットをする人が、食べる量を減らすと、こういった栄養素も減らしてしまうのです。

結果、食べ物を減らしているのに、全く痩せないということになります。

食品選びの基準は、カロリーではなくこういった栄養素が含まれているかどうかで判断するのです。

「ビタミン、ミネラル、タンパク質」は足りていますか?

栄養不足では、いくらダイエットしても脂肪を燃焼させることができませんよ。

脚痩せのためにも、栄養不足は大敵です。

脚痩せのための骨格のゆがみをとったり、筋肉をつけて、ゆがみを抑制したりするためには、そういった栄養素は絶対に必要です。

脚痩せとダイエット、栄養をしっかりととってどちらもゲットしましょう。
| 日記

脚痩せのためにオフィスでできること


オフィスなどで、がむくんだようなときに行なうと効果的な運動をご紹介します。

脚痩せのためにも、の筋肉はとても重要ですので、休憩時間などに試してみることをおすすめします。

まず、ひざが90度になるような高さの椅子に座ります。

そして、片足を床と水平になるようにゆっくりと上げていきます。

このときは、を反動をつけずにゆっくりと上げていくことで、ひざと太ももを鍛えることができます。

できる人はを上げた状態で数秒キープしてください。

そして、ゆっくりとを床におろしていきます。

そして反対のを行います。

これを10回程度行なうと効果的です。

脚のむくみは、筋肉が衰えることで、血流が悪くなることが原因の一つです。

筋力が弱いと、骨格を支えることができないため、ゆがみを生じることがあります。

この運動で、脚のひざ、太ももの筋肉を鍛え脚痩せのための筋肉を鍛えましょう。

筋肉をつけることによって、ゆがみも生じることがなくなります。

骨盤の周囲をほぐしながら、ひざやふとともを鍛えることは、脚痩せにはとても重要です。

ゆっくりとこの動作を行なうことです、ひざや太ももに大きな負荷をかけることなく、鍛えることができます。

この動作は気軽にできますので、オフィスやすわり仕事をしているときに、気分転換としてやるのもよいでしょう。

この動作でなぜむくみが取れるのでしょうか?

脚に流れた血液は、脚の筋肉の収縮で心臓に戻されます。

血流をよくすることで、脚のむくみなどが解消し、脚の疲れも解消します。

脚痩せにも脚の血行はとても大切です。

しっかりと脚痩せのための筋肉を鍛えながら、むくみなどの症状も解消してしまいましょう。
| 日記

脚痩せのために、理想の写真を用意する


脚痩せを実現する上で、大切なのは痩せた脚をイメージすることです。

脚痩せなんてできるのか?

やっぱり無理なんじゃないか?

こういったマイナスのイメージは、どうしても脚痩せの効果を薄くしてしまいます。

しかしながら、こうなりたいというをイメージするということも、いきなりはなかなか難しいものです。

しっかりとイメージできるようにするために、いちばん良くて、いちばん簡単なのは、モデルなどのきれいな脚の写真を持ち歩くことです。

こうなりたい、なれたらいいなというモデルの方でも、タレントの方でも良いので写真を持ち歩くことで、正しい脚のイメージを作ることができます。

持ち歩いていると、ちょっとした時間などに写真をみながら、脚痩せに成功してこうなってやるというイメージがつかみやすいはずです。

脚痩せは、ストレッチや身体のゆがみをとることがとても大切です。

そして、自分が脚が太いんだ、というイメージまでゆがんでしまっていることがあります。

このゆがみは、あまり気にする人がいませんが、やはりとても重要です。

いちばん最初にこのゆがみをとってしまうことが、脚痩せには非常に重要です。

人はイメージできることを目標として行動します。

脚痩せという目標も、自分でイメージできるかが大切です。

そのイメージを作る手助けとなるのが、モデルなどの写真です。

1日に何度も見ることで、不思議と脚が太いというマイナスのイメージがなくなっていきます。

そして、積極的に理想の脚のイメージができるようになると、脚痩せの取り組みも積極的になります。

写真はインターネットや雑誌の切り抜きなどで充分です。

脚痩せの方法としては、シンプルですが、とても効果があります。

一枚の理想の写真で理想の脚になりましょう。
| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。