脚痩せでシェイプアップ


スポンサードリンク




脚痩せに大切なストレッチ


脚痩せに重要なのは、ストレッチです。

脚痩せを成功させるためには、インナーマッスルを鍛えるということが重要になります。

しかし、このインナーマッスルを鍛えるためには、激しい運動よりもストレッチのような緩やかな動きの方が効果的になります。

インナーマッスルは、内臓に直接つながっている筋肉が多いです。

内臓の動きを活発にすることで、基礎代謝が活発になります。

基礎代謝が高くなると、普通にしていても消費カロリーが高くなります。

そのため、痩せやすい身体を作ることができ、脚痩せも成功しやすくなるのです。

脚痩せのために重要なインナーマッスルは、やはり腸腰筋です。

腸腰筋は、背骨から大腿骨につながる大きな筋肉です。

大腿骨につながっているということは、当然脚に影響を与える筋肉ということです。

この腸腰筋を効果的に鍛えることで、さらに脚痩せも効果的にすることが可能です。

それでは腸腰筋のストレッチの方法です。

仰向けに寝て、片足の膝を曲げて、両手で抱えます。

そのままできるだけ胸に着けるようにストレッチをします。

その状態で1分ほどとまります。

反対も同じように行います。

ポイントは身体の内側から伸ばすようなイメージを持つこと。

このストレッチで、腸腰筋がストレッチできますので、試してみてください。
| 日記

あしやせに効果的なむくみをとる方法


あしやせをしたいという場合、考えるのはウォーキングなどの運動でしょうか?

もちろん運動をしなければ、あしやせは難しいものです。

あしやせには合わせて大切なことがあります。

それは「むくみ」という問題です。

あしやせがなかなかできないという場合、原因が脂肪ではなくむくみであることが少なくありません。

あしやせを実践しているが、なかなかできないという場合は、むくみをとるということを同時に行ってみましょう。

あしやせのためにむくみをとるためには、まずは水分の取り方を考えてみましょう。

人は水分を一日に2〜3リットルとる必要があります。

健康のためには、水分を多く取るということがよく強調されます。

それは正しいことで、実践すべきことです。

あしやせのためにも水分の補給はとても大切。

水分が少ないと老廃物が身体の中に残ってしまって、あしやせもスムーズにできません。

あしやせのためには水分を取るようにしましょう。

しかし、むくみをとりたい場合は、水分を多くとると、逆にむくみがひどくなるのでは、と考える人がいます。

水分の取り方を間違えれば、むくみがひどくなりますが、水分の取り方を考えれば、むくまずにとることができます。

それは水分は午前中に多く補給するようにすることです。

午後は暖かいスープのようなもので補給するようにするのです。

夜にアルコールを飲みすぎると、むくみがひどいことがあります。

午後に多く水分を補給すると朝にむくみがひどくなる。

それを防止するのは午前中に水分をとるようにすることです。

あしやせのためには水分を午前中にできるだけ補給すること。

もちろん午後にまったく水分を補給しないというのは、健康によくないので補給はしますが、それは暖かいものを心がけましょう。

そうすることで、水分をすばやく身体に吸収させることができ、むくみを防ぐことができます。

あしやせのための水分補給の方法、試してみてください。
| 日記

脚やせで簡単にふくらはぎを細くする方法


脚やせで悩みの多い場所は、やはり太もも、ふくらはぎではないでしょうか?

脚やせしたいときに、希望の場所という質問には、この二つが出てきます。

今回は脚やせでも、特にふくらはぎのシェイプアップを考えましょう。

脚やせでふくらはぎというと、なかなかやせないという気持ちが強いのではないでしょうか?

なぜふくらはぎがやせにくいのか?

やはり、普段の生活の中では、ふくらはぎを使う機会が少ないからです。

しかし、女性の場合は、ハイヒールなどのかかとの高い靴をはいているので、ふくらはぎを使っているのではないかと思うかもしれません。

ハイヒールはかかとを高い位置で固定しているので、実はそれほどふくらはぎが使われていない場合が多いのです。

脚やせでふくらはぎを細くしたい場合は、ふくらはぎを普段の生活で使うようにしなければなりません。

脚やせでふくらはぎを細くする簡単な方法を考えて見ましょう。

それは普段の歩き方の意識を変えてみることです。

普通の歩き方では、それほどふくらはぎが使われません。

それはつま先の蹴る力がほとんど使われないからです。

そこで脚やせの、特にふくらはぎを細くする方法として、歩くときに地面をつま先で蹴るような感覚を意識しながら歩くことが重要です。

そうすることで、ふくらはぎが使われていることが実感できるはずです。

逆に言うと普段の歩き方では、ふくらはぎがほとんど使われていないということです。

普段の歩き方を意識するだけで、脚やせの効果は現れます。

しっかりと意識して普段の歩き方を考えましょう。
| 日記

脚やせに効果的で簡単な方法


脚やせをしたいが、ハードなダイエットはしたくないのではないでしょうか?

ずいぶん都合のよい話と思っても、そんな気持ちは誰でも持っています。

脚やせをできる限り簡単にできないか、そんな方法を考えて見ましょう。

脚やせが難しいのは、部分やせということがひとつの原因でしょう。

そこで脚やせを、服のデザインなどに求めてみてはいかがでしょうか?

しかし、脚を隠すために、パンツを選ぶというのは安易すぎるのではないでしょうか?

脚にコンプレックスがある場合、その脚を隠してしまうという発想になりがちです。

しかし、それが逆に目立つことがあるのです。

安易に隠そうとしないで、人の目線を脚に集中させない方法を考えるのです。

服のデザインで、人の目線はコントロールできます。

難しいことではありません。

脚やせの効果のあるデザインとして考えられるのは、スカートの裾の形です。

スカートの裾をアンシンメトリーの形にしてみるのです。

そうすることで、スカートに目線が集まりますが、脚には不思議に目線が集まりません。

そして、縦のラインがすっきりとしたデザインの衣類を選びます。

脚やせの効果を衣類に求めるというのはこういうことではないでしょうか?

こういった効果を衣類に求めながら、脚やせを進めていきましょう。
| 日記

脚痩せにゴボウ


脚痩せには便秘は大敵です。

デトックスの大半は排便によってなされます。

有害物質が体内に蓄積するのは脂肪と結び付くからであり、それが脂肪を燃焼させづらくするのです。

脚痩せをしたい人は、脚の脂肪を燃焼させなければなりませんが、有害物質がそれを邪魔します。

脚痩せをしたい人はデトックス、特にお通じにかんして注意しなければなりません。

食物繊維を多く含んだ食物を採ることを心がけましょう。

ゴボウはその点ですぐれものです。

ゴボウは調理できる人は調理して食べるのが一番です。

できない人はコンビニなどでゴボウサラダなどで食べるようにしましょう。

こういった地道な努力が脚痩せを成功に導きますよ。
| 日記

ホットヨガで脚痩せ


脚痩せのためには、運動がどうしても必要になります。

しかし、激しい運動を行っても、数日でやめてしまっては、逆効果です。

できるだけ長い期間続けることができる運動をする必要があります。

いま注目されているのが、ホットヨガです。

ホットヨガという言葉を一度は聞かれたことがあると思います。

ホットヨガとは、ヨガに身体をあたためるという「ホット」の要素を組み合わせたもので本場、ニューヨークやロサンゼルスではセレブやハリウッド女優がこぞって注目している新しいヨガです。

ホットヨガは室温38℃、湿度65%の中で筋力トレーニングの要素を取り入れたいろいろなポーズをとります。

脚痩せのためには、身体をあたためて、脂肪を燃焼しやすい状態にする必要があります。

まさにこのホットヨガは脚痩せのためにうってつけということになります。

現代人は食生活や生活習慣の変化で、シャワーだけでお風呂を済ませたり、クーラーの効いた部屋で一日中過ごしたり体を冷やす生活スタイルが当たり前になってしまっています。

脚痩せにはよくない環境です。

また、ストレスが溜まると血管が縮み、血の巡りが悪くなり、手や足の先が慢性的に冷えてしまいます。

ストレスは現代社会では避けることが難しく、その対処も必要です。

むくみや肩こり、生理痛などの症状は女性であれば一度は経験したことがあるような症状も、冷えからきているとすれば・・・

医学的にも体を温める事が病気を防いで心と体の両面に大きな効果をもたらします。

調和とバランスをもたらすエクササイズとしての「ヨガ」を組み合わせたこの『ホットヨガ』は、まさに現代人にぴったりの健康法なのです。

これを脚痩せに利用しない手はありません。

楽しく身体を温め、脚痩せにも効果的なホットヨガをはじめてみてはいかがでしょうか?
| 日記

脚痩せには日記でデータを記録すること


脚痩せの方法はさまざまありますが、難しい方法というものはないと思います。

難しいのは継続することではないでしょうか?

継続できないことが脚痩せを成功から遠ざけているのです。

考えなければならないのは、どう継続するかということになります。

脚痩せのためには日記を継続して付けることをお薦めします。

日記も継続が必要じゃないかとおっしゃるかもしれません。

しかしデータで残すことは以外に楽しいものです。

実践してみると、楽しくて継続してしまう人が多いです。

日記の内容は脚痩せのために行ったことを数値で記録していきます。

トレーニングならばその回数、食事ならばその内容とカロリー。

脚のサイズ、そしてダイエットを平行して行っている人は体重を記録します。

そしてその日の感想や明日の目標を書きます。

最初は面倒かもしれませんが、データがたまれば楽しくなります。

まず1週間やってみてください。
| 日記

足裏マッサージで脚痩せ


脚痩せのためというわけではなくても、足裏のマッサージというものを経験されたことのある人は多いはずです。

足裏のマッサージはデトックスという意味でとても重要です。

そしてそのデトックスは当然ですが、脚痩せにとても重要な意味があります。

デトックスは体内の有毒物質を体外に排出することですが、解毒に回すエネルギーを脂肪燃焼に回すことができるため、脚痩せにもとても効果的なのです。

デトックスを効率よくスムーズに行い、きれいな美肌や健康な身体を取り戻すには、身体の働きに関与する様々なツボが集中している足裏を刺激してあげると効果的です。

足裏は 「第2の心臓」 「人体の地図」 とも言われるくらい重要で、身体の器官に関するほとんどのツボが集中している所なのです。

また足裏にはたくさん汗腺があるため、適度な刺激を与えると、発汗作用が高まるとともに、血液を全身に送り出す働きをしている心臓のサポートにもなりますので血行がよくなり、デトックスの効果が素早く身体に反映され、冷え性や肩こり、腰痛なども解消されていくようになります。

足裏をマッサージすることは、自分でもできます。

足裏をマッサージするときには、痛くなるまで押さえたりする必要はなく、気持ちいいと感じる程度でかまわないのです。

デトックスにはそれで充分な効果があるものです。

テレビでも見ながら、30分ほど気持ちよく感じる程度に押さえましょう。

そして忘れがちなのが足の指のマッサージです。

足の指もしっかりとマッサージをしましょう。

手指で軽く広げたり、縮めたりを繰り返します。

ここでもポイントは気持ちよくなるようにすること。

そして足の指の付け根もしっかりとマッサージします。

こうすると足の裏が暖かくなってくるはずです。

足裏が温かくなったということは、足裏の代謝がアップしています。

デトックス効果も高まっています。

この後足湯を行なうととても効果的にデトックスができます。

そして水分を補給して、アップした代謝で有毒物質を洗い流す効果を高めます。

足裏は非常に重要なデトックスポイントですので、意識してマッサージするように心がけてください。

脚痩せのためにも、美しい身体のためにも、足裏マッサージでデトックスをしましょう。
| 日記

前屈で脚痩せ


脚痩せのためには、自宅でのストレッチや生活の中での骨盤のゆがみなどを矯正することがとても大切なことです。

脚痩せのために、エステに通う人も、最初はストレッチや日常生活を改めることを指導されることがあります。

つまり脚痩せは自分で自分をコントロールすることがとても大切になります。

また、エステなどでのケアを希望する場合も、ストレッチや生活を改めることで、その効果の即効性、維持なども全く違います。

日常生活にストレッチやゆがまない生活ということを習慣にすることがとても大切です。

脚痩せのためには、やはり前屈で手のひらが地面にべったりとつくぐらいの柔軟性がほしいところです。

太ももの裏から、背中そしてふくらはぎ、太ももの前面など、脚の重要な筋肉の柔軟性が脚痩せには必要です。

人は普通に運動や生活をしていれば、この前屈で手のひらをつけるということは簡単にできるものです。

これで手のひらがつかない場合は、身体のゆがみが疑われます。

日常生活でも、運動をあまりしていない人は、この脚の筋肉から固くなってしまいます。

筋肉が固いということは、そこの血流がどうしても悪くなり、脂肪を燃焼させる効率が悪くなってしまいます。

日ごろから意識して運動をして、脚の筋肉の柔軟性を維持しなければなりません。

前屈というのも、無理なく日常生活に取り入れることができるはずです。

やり方は簡単です。

前屈をして、もう限界というところまで曲げたら、ほんの少しだけそこから頑張って曲げます。

その状態で1〜2分キープします。

そしてゆっくりと元に戻ります。

大切なのは、ほんの少しだけ頑張って曲げるところです。

もちろん筋肉を傷めるほどに曲げるのは絶対によくありません。

ほんの少し頑張ることが柔軟性を取り戻すことには大切なのです。

脚痩せのために、脚の筋肉の柔軟性を取り戻しましょう。
| 日記

脚痩せに乳酸菌?


脚痩せやダイエットには、やはり便秘というのはよくありません。

何かお通じのためにされていることはありますでしょうか?

朝一杯の水を飲んだり、牛乳を飲んだりという方法が有名ですね。

食物繊維も大切なので、野菜などを多く摂る。

腸には乳酸菌が良いので、ヨーグルトを毎日食べているという人もいらっしゃいます。

確かに腸のために乳酸菌を補うことはとても大切なことです。

そのために、ヨーグルトを食べるという人も多いのではないでしょうか?

ヨーグルトといえば発酵食品の代表とも言うべき存在です。

脚痩せやダイエットにはさぞかし効果を発揮しそうな気がします。

しかし、牛乳を分解する酵素を日本人はほとんど持っていません。

牛乳を飲んでお腹がゴロゴロするという人は、牛乳が分解できないからです。

詳しく話すと、牛乳の中の乳糖を分解することができないことが原因です。

対してヨーグルトはこの乳糖が発酵によって分解されてるために、牛乳はだめでもヨーグルトは大丈夫という人がいるのです。

しかし、他にも乳脂肪や乳タンパクというものも分解酵素が日本人は少ないです。

ヨーグルトを食べてもお通じが良くならないという人は、ヨーグルトが分解できていないことがあります。

もちろんヨーグルトでお通じが快調になったという人は問題ありません。

ヨーグルトでお通じがあまりよくならないという人は、ヨーグルト以外の発酵食品からよい乳酸菌を摂ることを考えましょう。

やはり、納豆、漬物、味噌などが代表的なものですね。

またキムチなども発酵食品です。

キムチ納豆というメニューは最高の組み合わせです。

脚痩せやダイエットのために、こういった発酵食品を上手に摂ることを考えましょう。

やはり、昔から食べられてるこういった発酵食品は日本人の身体にあっています。

お通じのほかにも、お肌の美容などにも効果があります。

ヨーグルトで効果があまりないという人は、こういった植物性の乳酸菌を見直してみてはいかがでしょうか。
| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。